☆☆☆弁当座 東京支部の日々

「☆☆☆弁当座」東京支部の猛者共の日々を、座員達が代わる代わるつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井:後読感

本屋にいって千原ジュニアさんの「14歳」という本を見つけました。
手に取って読んでみると千原さんの引きこもっていた時の事が赤裸々に描かれていました。
いや~凄いですね自分の過去をここまでさらけ出せるのは凄いです。14歳のジュニアさんに感情移入してしまい気がつくと1時間たっていました。


今日はやることもないしもう少し読んで見ようと思いさっきから僕のそばの本を必要以上に整理し続けているおばさんを尻目に読み続けました。

内容はとてもグロいです。学校に行ってなかったジュニアさんの少年時代の頭の中を正面から描いています。痛いほど気持ちが伝わってきました。

そしておばさんは今度は必要以上にハタキをパタパタやってきます。
2時間経っていました。

ここまできたら最後まで読もうと思い読み続け僕はジュニアさんの世界にどっぷり入っていきました。

おばさんは僕の回りをモップがけをしながら何往復もしています。
3時間経っていました。 

しかしあとちょっとで読み終わるので僕も引くに引けなくなり読み続けました。

本の終盤に差し掛かる頃おばさんの怒りはボルテージに達していました。

おばさんは今にも手に持っているモップで襲い掛かってきそうでした。

なんとかおばさんからのプレッシャーに耐えながら最後まで読みました。
本屋に入ってから3時間半経っていました。

とてもスラスラ読めて色々考えさせられる本でした。僕はこの本を読み終えてスッキリした気分になり本を買わずパートのおばさんの視線を背中に感じながら本屋を出ていきました。

外は春一番がふく快晴。
僕は煙草に火をつけた。

帰り際おばさんの舌打ちが聞こえたのは言うまでもない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bentouza.blog82.fc2.com/tb.php/95-49558568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千原ジュニア

千原ジュニア千原ジュニア(ちはら - 、本名:千原 浩史(ちはら こうじ)、1974年3月30日 - )はお笑いタレント|お笑い芸人。コンビ「千原兄弟」の漫才#ボケとツッコミ|ボケを担当。京都府福知山市出身。吉本総合芸能学院|NSC8期生(卒業はしていない)。

  • 2007/03/09(金) 06:35:51 |
  • うららのブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。