☆☆☆弁当座 東京支部の日々

「☆☆☆弁当座」東京支部の猛者共の日々を、座員達が代わる代わるつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中臣:東京めぐり

今日は、秋葉原に行った。
「郷に入っては郷に従え」と言う言葉が有る通り、
やはりこの町には着たからにはそれなりのオシャレをしなければならない。

4人で行ったのだが、まずシャツはズボンの中へ。
そして、ズボンは「これでもか!」ってほど、上に履く。
Tシャツの袖をめくる。ズボンの裾を、折りかえす。

これだけで、この街になじめたような気がする。
すれ違う人たちが「おお!こう言う人、居るんだ」的な目で見てくる。
交差点で信号待ちをしていると、後方の女の子達が何やら、
こっちの方を見てキモいだのなんだのって話をしている。・・・悪く無い気分だ。

その場所場所には、そこに似合った“格好”がある。
高級レストランに行くには、やはりビッとしたスーツが似合う。
老舗旅館に泊まれば、やっぱり浴衣が良く似合う。

場所によって、それなりの格好をすると、とても馴染む。

その後は、東京ドームシティに行った。

その中のアトラクションで「マーヴル・ヒーロー・アドベンチャー」と言う所へ言った。
「X-MEN」や「スパイダーマン」をモチーフにしたアトラクションで、
自分の“ヒーロー度”を試すモノだ。
ちなみに、ピーナッツ王子はスパーダーマンのアトラクションで、最低の評価だった。
哲平は「SuperHERO」の称号を得ていた。

spider

↑写真は、ピーナツ王子が壁のぼりをしている所。
どう見ても、窓掃除のオッサンにしかみえない。
スポンサーサイト

シウマイ!?(ピーナッツ王子)

どーも!ピーナッツ王子です!(だよね!)

本日、昭島で営業でした。ゴールデンウィークが終わった影響もあってか、お客さん少なかったです。(ざんねん!)

昭島の営業が終わった後、先輩芸人の中臣さんと連絡をとると、ゴハンに連れってってもらえることに。(やったー!)

どこに食べに行こう?と色々迷った結果、横浜名物!?の崎陽軒のシウマイを食べに行くことになりました。(これは楽しみ!)

これは中臣さんに教えてもらったんですが、崎陽軒のシュウマイはシュウマイではなくシ・ウ・マ・イと呼ぶんだそうです。みなさん知ってましたか?本場はこだわりが違いますね。(豆知識だね!)

恥ずかしながら、この世に生まれて煮授与念??いや、二十四年。
僕は崎陽軒のシウマイを食べたことがありません!(なんだって~!)

今日こそがシュウマイ童貞、卒業の日!まさに初体験!(なんかエッチ)

期待に胸を膨らませながらお店に向かいました!(マジで!?)

すると!!!(何???)











お店、閉まってました・・・。(なんじゃそりゃ~!)

《おしまい》


※文章中の()内にある言葉は僕の心の声です。特に意味はないので気にしないで下さい。また、その言葉によって気分を害した方、吐き気等の症状を起こした方、心からお詫び申し上げます。(なんじゃそりゃ~!)

先生と後輩(かっしー)

昨日、ボクラの構成作家、小山田満月先生と後輩四人がマホロバに来ました。

先生に稽古を見ていただいた後に後輩も含めて飲みながら楽しい時間を過ごしました。一発Gag合戦や即興コント、また何故か全員上半身裸になったりと非常に盛り上がりましたー!

今日は午前中後輩の稽古を見させていただきましたが、ドンドンボケて見てて楽しかったです。 みんながんばって欲しいです。もう負けてるかもしれませんが、負け続けないように僕もがんばりたいと想います!!


中臣:度胸のある消しゴム

お笑い芸人とは、どうあるべきか?
答えはとても簡単。「おもしろく」あるべきだ。

答えは簡単だが、結果を出すのは相当難しい。
もし簡単だったら、今やテレビに出てる芸人の数は半端ないだろう。

「日曜スペシャル!人気芸人総勢3000組出演!」なんて番組があるでしょう。
残念ながら、芸人として結果は出せるのは極一部の人間だけ。
その極一部の人間になるべく、僕ら芸人は頑張っている。

いつでも何処でも「おもしろく」いるのは、難しい。
例えば「おもしろ挨拶して!」とか、「おもしろ○○して。」って言うのは、芸人の世界では良くある。
この突発的な「おもしろ○○」は、なかなか笑いを取るのが難しい。
「おもしろ」を大前提に掲げている為に、その時点でハードルは高いし、
おもしろの後に付く○○によって、範囲も狭いし自由度が奪われる。
なので、この「おもしろ○○」は頻繁に使わないし、
「俺、おもしろ○○出来るぜ!」なんて勇気と度胸がある人は、ほとんど見た事がない。

そんな中、地元の100円ショップに行った時にふと見つけてしまった。

keshigomu

こうも簡単に“おもしろ”と言われると、気持ちが良い。
しかも、このケシゴムは「食堂編」なのだ。他にも、チャーハンやれラーメンの「中華編」もあった。
消しゴムを「カレー」「寿司」「肉まん」に変えただけで、
「おもしろケシゴム」と言い倒すこの度胸と潔さ!感服である!

カメラ【なべ】

ホテルはゴールデンウイークと言う事で大にぎわいです
記念写真の撮影を頼まれる事も多いのですが
一眼レフ等の高級カメラは撮影してて楽しい(^-^)
シャッターを押すときの感覚!音!
楽しくて仕方ありません
でも早く、シャッター切る側ではなく
切られる側になりたいです

そしてそのときの為にかわいい水着を買いたいと思います

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。